プログラムモード

・プログラムモード

構図を決めてシャッターボタンを押せばOK

明るさや色みは自分で変えられる。

 

プログラムモードができること

構図、露出補正、ホワイトバランス、ISO感度 自分で決める

絞り、シャッタスピード カメラが判断

 

・ISO感度

ISO感度は光の量が少ないときや暗い場所で撮影するときに設定すると、写真が明るく撮れる機能です。

暗い場所で撮ると手ブレが起きやすくなりますが、ISO感度を高く設定すると、それを防げます。

 

・ホワイトバランス

ホワイトバランスは、白をきちんと白として写るように補正してくれる機能です。

写真全体の色みを変えたい時などに使います。

 

・露出補正

露出補正は写真の明るさを調整する機能です。

プログラムモードは、つねに適正な露出になるようカメラが自動設定してくれるモードですが、撮影者の意図によってもう少し暗め、明るめに調整ができ、表現がしやすくなります。

 

プログラムモードは、オートよりも自分でできる設定が増えます。