ブレを防ぐ

 

・高速シャッター&連写でブレを防ぐ

動きのある被写体を撮るときは、シャッタースピード優先モードを使用します。

シャッタースピードは、1/250秒以上を高速シャッター、1/60秒以下は低速シャッターといわれます。

動いているものを止まっていいるようにとるには、1/250秒以上の高速シャッターにすることで、被写体がブレてしまうことを防げます。

また、連写モードにすれば、1回シャッターを押すごとに数枚の写真が撮れるので、最適な写真を選べます。

 

シャッタースピード優先モードにする

シャッタースピードを1/250秒以上に設定

連写モードに設定

シャッターを切る

 

・流し撮りで躍動感を出す

動いている被写体の動きを表現したい場合は、流し撮りすると被写体が止まり、背景が流れたようにとることができます。

流し撮りは被写体の動きに合わせてカメラを動かしながら撮ります。

カメラが被写体と同じ動きをすることで、被写体にピントが合い、背景がブレることで流れるような仕上がりになります。

 

シャッタースピード優先モードにする

シャッタースピードを1/250秒以上に設定

連写モードに設定

被写体の動きに合わせてシャッターを切る