夜景の撮影

 

・撮影場所が暗いときはISO感度を高く設定する

ISO感度を上げると暗い場所でも明るく撮れるうえ、シャッタースピードが速くなるので三脚を使えない場所でも手ブレを抑えることができます。

ISO感度を上げても明るさが足りないときは、露出補正をプラスにして明るくします。

ホワイトバランスを変えると色みが変わったり、違った印象の写真になります。

 

ISO感度を上げる

シャッタースピードを速くする

暗いときは露出補正をプラスに

 

 

・光を遮断してガラス面への映り込みをなくす

屋内でガラス面に背景が映り込んでしまうことがあります。

その場合は黒い布などで光をさえぎって、映り込みをなくしましょう。

レンズをガラス面にできるだけ近づけて撮影するのがポイントです。

 

黒い布などで光をさえぎる

ガラス面にレンズを近づける

ISO感度を上げる

シャッタースピードを速くする

暗いときは露出補正をプラスに