逆光の撮影

 

・露出補正をプラスにして人物を明るくする

普段撮る際によくある逆光シーン。

どうしても撮影位置を変えられないときは、露出補正を行うことで被写体が暗くならずに写すことができます。

あえて明るくハイキー気味になるまで露出補正をプラスに上げると、背景が飛び、人物が浮かび上がります。

人物撮影は絞り優先モードでF値を小さくして撮るのがおすすめです。

ただし、背景もきちんと映しこみたい場合は、F値をあまり小さくせずに、露出補正もほどほどに撮るといいかもしれません。

 

絞り優先モードにする

F値を小さくする

露出補正をプラスにする

 

 

・日中シンクロで白飛びをふせぐ

夏の炎天下など光と影の明暗の差が強すぎるときは、露出補正だけで明るくすると、もともとの明るい部分が白飛びを起こしてしまうことがあります。

このようなときは、ストロボを使用すると、被写体の暗い部分の明るさをストロボの光で補うことにより、全体の明暗の差を適度にし、影を弱めてくれます。

昼間の明るい場面でストロボを使うと、被写体の色をくっきりと見せてくれる効果もあります。

 

露出補正をプラスにする

ストロボを強制発光モードにする

シャッターを切ってストロボを発光させる