お宮参り・初節句祝い

お宮参り・初節句祝い 写真

初めての記念写真はスタジオで

 

お宮参りは赤ちゃんの誕生を氏神様に報告し、健やかな成長を神に願うという伝統行事です。地域によって時期が異なる場合がありますが基本的には赤ちゃんが誕生して1~2か月後くらいに行うのが一般的です。赤ちゃんが迎える初めての行事ですので、両親も正装をして神社に行くことが多く、その記念に写真撮影を行う方が多くいます。赤ちゃんが初宮参りを行うのは一生のうち1回きりですし、人生で初めてのイベントです。その瞬間をぜひ色褪せない形で末永く思い出に残すことをおススメします。ぜひ、当スタジオへお宮参り写真撮影にお越しください

 


お宮参り 料金案内



お宮参り・初節句祝い フォトギャラリー


お宮参りの時期はいつがベスト?

 

お宮参りをする時期は地域によって違いますが、一般的に昔から赤ちゃんが生まれてから一か月ほど経った頃に、神社へ行ってお参りをする事とされてきました。当日は赤ちゃんにベビードレスや着物を着せ、家族もフォーマルな服装をします。その後、記念撮影やお食事会などを行うことが多いです。しかし最近のお宮参りでは真夏の暑い時期だと脱水症状になりやすい赤ちゃんにとって、負担が大きく、また冬場にも雪が降るなど、寒い中でのお宮参りは体調を壊してしまう危険があるので、無理に行くのではなく時期をずらしていく方が増えました。その為お宮参りをいつにするかはその時の季節や天候に注意し、無理のない時期に安全に参拝する事がベストです。

写真撮影をする側からのアドバイスで、赤ちゃんの表情重視に計画出来るなら、撮影をしてから神社へお出かけいただくと、眠くならずに生き生きとした写真が写せますよ